So-net無料ブログ作成

コードフォームの作り方 [練習方法]

今回のレッスンでは、コードフォームの作り方を教わりました。コードブックを見て星の数ほどあるフォームを丸暗記するよりも、コード表記のルールを理解して構成音がわかるようになれば、応用が効いて自分の弾きたい音楽へつながっていくそうです。

では早速次のコードの構成音を分解してみたいと思います。

C△7(シー・メジャー・セヴンス)
このコード表記では、Cがルート(根音=ド)になります。そして△7はルートから数えて7番目の音(長7度=シ)が4つ目の音です。つまりルート(1度=ド)、長3度(ミ)、長5度(ソ)、長7度(シ)の構成になります。

Cm7(シー・マイナー・セヴンス)
この場合、ルートは同じくC、mはマイナーを指します。ということは3度の音を半音下げます(短3度=ミ♭)。5度(ソ)の音は上記と同じで、7度の音を半音下げます(短7度=シ♭)。

7thコードの場合、構成音はルート、3度、5度、7度の4音になりますが、中でも3度、7度が重要な役割を果たします。3度はメジャーかマイナーかを区別する音で、7度は7か△7かで半音下げるかどうかを表します。ちなみに△7(メジャー・セヴンス)は7番目を半音下げない(長7度)、という意味で、長調のメジャーとは違う意味です。

ルート音をドとみなして、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シと指板を押さえていけばコードが作れますが、5弦ルート、6弦ルートのそれぞれの場合の3度,5度,7度の位置を覚えておけば比較的簡単にコードを押さえることができます。逆に、コード表に載っているフォームを覚えて構成音をおさらいする、というのもいいかもしれませんね。

ジャズギター教則本へ>>


にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
nice!(0) 

Cantelope Island(カンタロープ・アイランド)の楽譜 [ジャズギター練習方法]



さて、今回の課題曲はハービー・ハンコック作の「カンタロープ・アイランド」です。レッスンでダイアトニックコードからモード理論へと進んでいますが、どうも理解が進みません・・・そこで実際に曲を練習しながら「モード」になじんでいくことになりました。

コード進行は、

Fm7 / Fm7 / Fm7 / Fm7
D♭7 / D♭7 / D♭7 / D♭7
Dm7 / Dm7 / Dm7 / Dm7
Fm7 / Fm7 / Fm7 / Fm7

の16小節。シンプルですが、問題はアドリブでどのスケールを使うか?です。Fマイナーペンタトニック一発でもいけそうですが、同じスケールで延々と弾くと飽きてしまいます。コード進行に沿ってどのスケールを使うか?がポイントになります。

詳細はこちらから>>

nice!(1) 
共通テーマ:音楽

Cantelope Island(カンタロープ・アイランド)のアドリブ [ジャズギター練習方法]

今回のレッスンでは、カンタロープ・アイランドのアドリブで使うスケールの答え合わせをしました。

僕なりに考えたのは・・・

Fm7・・・Fマイナーペンタトニック or Cマイナーペンタトニック※
D♭7・・・D♭マイナーペンタ or D♭ミクソリディアン
Dm7・・・Dマイナーペンタトニック or Aマイナーペンタトニック※

※の根拠としては、
Fm7をEメジャーダイアトニックコードのⅡm7ととらえると、その平行調のCナチュラルマイナースケールが使える
Dm7をCメジャーダイアトニックコードのⅡm7ととらえると、その平行調のAナチュラルマイナースケールが使える
そしてナチュラルマイナースケールを簡略化してマイナーペンタトニック、となります。

もちろんこれでも正解です。けれどモード理論で考えると

Fm7・・・Fマイナーペンタトニック or Fドリアンスケール
D♭7・・・D♭マイナーペンタ or D♭ミクソリディアン
Dm7・・・Dマイナーペンタトニック or Dドリアンスケール

ちなみにFドリアンとCナチュラルマイナーの構成音は同じで、DドリアンとAナチュラルマイナーも同じです

なんかややこしいですね・・・

「モード理論を理解するには2年かかると言われています」と先生。けれど現在ではロックでもブルースでも使われる「モード」を理解できれば演奏の幅が広がるし、がんばってついていきたいと思います。

scale003.jpg


ジャズ・ピアノ・コレクション ハービー・ハンコック【新装版】

ジャズ・ピアノ・コレクション ハービー・ハンコック【新装版】

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック
  • 発売日: 2015/12/07
  • メディア: 楽譜





nice!(0) 
共通テーマ:音楽

[課題曲]Mercy,Mercy,Mercy [ジャズギター練習方法]

さて今回の課題曲は「Mercy,Mercy,Mercy」です。ジョー・ザビヌルのゴスペルっぽい曲で、セッションでよく使われるそうです。

先生から「はい、これがCメロ譜です。」と譜面を渡されました。Cメロ譜とはセッションの時によく使われるもので、メロディとコード進行が記載されていて、しかもワンコーラスだけの楽譜のことを指すそうです。これを使って、最初は譜面どおりに演奏してあとはアドリブ的な要素を加えたり、バッキングやリズムを自分なりに変えて遊んでみましょう、ということになりました。

コード進行は、

イントロ
B♭7→E♭7→B♭7→E♭7

シンプルなコード進行のテーマ部分。オリジナルはジョー・ザビヌルのピアノをバックにキャノンボール・アダレイがファンキーなアルトサックスで徐々に熱くなっていく場面です。ここはギターでビブラートやスライドを効かせながら暖かみのあるトーンで演奏したいところです。がんばって練習します!


ソウル/ファンク/フュージョン スタンダード・ブック Vol.1 楽器プレイヤーのためのインスト名曲集~

ソウル/ファンク/フュージョン スタンダード・ブック Vol.1 楽器プレイヤーのためのインスト名曲集~

  • 作者: 関原 孝明
  • 出版社/メーカー: エー・ティ・エヌ
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 楽譜



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ウェスモンゴメリーのTAB譜 Best of Wes Montgomery: Guitar (Signature Licks) [TAB譜バンドスコア]


Best of Wes Montgomery: Guitar (Signature Licks)





ウェスモンゴメリーは親指奏法、オクターブ奏法で、暖かみのあるサウンドを出します。Best of Wes Montgomery: Guitarは、Missile Bluesをはじめとした彼の代表曲を収録したTAB譜です。
収録曲
1.Missile Blues
2.Yesterdays
3.West Coast Blues
4.Cariba
5.I've Grown Accustomed To Her Face
6.Besame Mucho
7.Fried Pies
8.Mi Cosa
9.Four On Six
10.Misty
11.Sundown
12.O.G.D

詳細はこちらから>>

nice!(0) 

ターンアラウンド [練習方法]

ブルースでは12小節のコード進行がひとつの区切りになりますが、最後の2小節で頭にもどるフレーズを弾きます。これが「ターンアラウンド」です。「ターンバック」とも言われ、イントロで使うこともあります。

いわば定番のフレーズで、いくつかのパターンを覚えておくと実際のセッションで使えると思います。

You Tubeで"blues turnaround"で検索すると色々と出てきます。これはkey in Eのターンバックです。



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
nice!(0) 

デヴィッド・T・ウォーカー風オブリガード [練習方法]

課題曲「Mercy,Mercy,Mercy」でCm7→Dm7というコード進行が出てくるのですが、ここでコードフォームを使ったオブリガードを練習することになりました。

下のコードフォームCm7を鳴らした後、1弦6フレット(小指)、2弦6フレット(小指)、3弦5フレット(薬指)という順番で3連符でハンマリングオン・プリングオフします。ジャーン・タララ・タララ・タララという感じですね。これはデヴィッド・T・ウォーカーが良く使うフレーズで、ソウル、ジャズ系の曲で使うネタとして覚えておくといいそうです。小指や薬指のハンマリング、プリングがなかなかうまくいかないので、しばらくの間トレーニングして覚えたいと思います。
code001.jpg

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
nice!(0) 
共通テーマ:音楽

キレのあるカッティング練習の教則本 良いカッティング悪いカッティング [ブルースギター教則本]


ギター・マガジン DVD&CD付き 良いカッティング悪いカッティング 完全版 (リットーミュージック・ムック)





カッティング練習のコツを先生に聞くと「まず、ピックをできるだけ軽く持つこと。それと右手を自由にコントロールできるように練習すること。」と教えられました。何かいい教則本がないかな、と探して「良いカッティング悪いカッティング」を購入しました。ファンク、ソウル、ジャズ、ロックといったジャンルで使える常套カッティングが91パターンあり、それぞれの悪い例と良い例がCDに収録されているため、ポイントがとてもわかりやすいです。


詳細はこちらから>>



nice!(1) 
共通テーマ:音楽

音が大きいメトロノームKORG MA-1 [ギター便利グッズ]



レッスンで基礎練習の話になった時、先生から「メトロノームは必要ですよ」と言われて、さっそく買いに行きました。ボスのものと迷いましたが、音が大きくて操作が簡単なコルグMA-1にしました。

昔一緒にバンドをやっていた先輩から「きっちりとしたリズム感を身につけるにはメトロノームが一番。最初はなかなか合わないけど、練習を続けるうちにメトロノームのほうが自分に合わせてくれるような感覚になるから。そうなればしめたもの。」と教えてもらいました。

あらためてメトロノームで弾いてみると、自分のリズムの甘さを痛感します。あと、楽譜を読むときも小節の分かれ目がわかりやすくなります。


詳細はこちらから>>

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ブルースギターフレーズが満載のアルバム London Sessions [CDレビュー]


London Sessions





参加ミュージシャンはエリック・クラプトンを始め、スティーブ・ウィンウィッド、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツ、リンゴ・スターと英国ブルースマンのオールスターメンバーといった感じです。

レコーディングされたのが1970年で、クラプトンはまだ20代。彼がアメリカ南部のブルースに強い影響を受けた頃だと思います。このアルバムの聴きどころは「リトル・レッド・ルースター」。彼がハウリン・ウルフから演奏の手ほどきを受ける場面が録音されています。

ブルースギターフレーズが満載のアルバムです。

詳細はこちらから>>


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。