So-net無料ブログ作成
検索選択
ギターストラップ ブログトップ

ムーディー・ギターストラップ(Moody Guitar & Bass Handmade Leather Straps) [ギターストラップ]

以前にハンドメイドのストラップを紹介しましたが、こちらも手作業で1本1本仕上げているストラップです。幅は6.3cmと比較的広く、柔らかく上質の革を使用しているので、レスポールやセミアコといった重いギターも肩の負担が軽減されそうです。デザインはとてもシンプルですが、高級感溢れる「Moody」のロゴが永く使用できるストラップであることを感じさせます。

デザイナーはAllison Suterという女性で、ストラップのカタログにも自らをモデルとして起用しています。もともと高級革製品を扱っており、素材についてもかなりのこだわりを感じます。サイズは他にも10.3cmの幅広サイズもあり、長さもレギュラー(94-124cm)とロング(107-137cm)の2種類。「Moody  ストラップ」で検索するとネット通販のサイトがいくつか見つかります。

Moodyホームページ
http://www.moodyleather.com/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ハンドメイドのギターストラップ [ギターストラップ]

以前使っていたストラップを久しぶりにひっぱりだしてきたところ、ベルトの表と裏がめくれあがってしまい使い物にならないことが判明しました。普段自宅やレッスンで弾く時は座って弾くので、特にストラップは必要なかったのですが、11月のバンド発表会ではやっぱり立って弾くことになるだろうし・・・ということでストラップを探すことにしました。

ストラップを選ぶ一番のポイントは肩にかかる負担が少ないもの。そして二番目はルックスと素材感でしょうか。そういう視点で楽器店に吊るしてあるものを眺めてみると、なかなか気に入ったものが見つかりません。そこでネットで色々検索しているうちに下記のサイトにたどり着きました。「音楽のためのレザー専門店#9」というお店で、ギターストラップやドラムのスティックケースといった皮製品をハンドメイドで製作しているそうです。さっそくストラップのラインナップを見てみると、シンプルな「ベーシックモデル」から派手なルックスの「サデステックモデル」までいずれも存在感のあるものばかりです。ストラップも何本かそろえて、演奏スタイルやギターによって変えてみる、なんていうのもちょっとした贅沢でいいかな、と思います。

「音楽のためのレザー専門店#9」
http://www.music-leather.com/
nice!(0) 
共通テーマ:音楽
ギターストラップ ブログトップ