So-net無料ブログ作成
検索選択
ギタースケールの覚え方 ブログトップ

ペンタトニックスケール [ギタースケールの覚え方]

ギターでスケール、といえばまず最初に覚えるのが「ペンタトニックスケール」ではないでしょうか。今日はこれについて調べてみました。

ペンタはラテン語で「5つの」という意味です。メジャーペンタトニックスケールは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の7つの音からファとシを抜いた5つの音「ド・レ・ミ・ソ・ラ」で構成される音階になります。4番目と7番目の音を抜く、という意味で日本の民謡や演歌ではこれを「ヨナ抜き音階」とよびます。どの順番で鳴らしても調子はずれにならない音階とも言えます。ちなみにこの音階で作られた曲には童謡「ゆうやけ」やスコットランド民謡「ほたるの光」などがあり、あとは坂本九の「上をむいて歩こう」のAメロ部分も5音だけでできています。

「ド・レ・ミ・ソ・ラ」をどの順番でならしても調子はずれにならないということは、反対に考えると「ファ」と「シ」は調子はずれになる可能性を持った音だと言えます。ちなみに「ファ」は下属音(サブドミナント)、「シ」は導音(リーディングノート)と呼ばれ、いずれも安定感を欠いた音ということになります。

ロックやブルースでもこのスケールが基本になっていて、ソロをとるときも5つの音だけでアドリブ演奏することができます。単調なスケール練習も、意味を理解して弾くと少し見方が変わってくるような気がします。

ジャズギター教則本へ>>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

スケール練習のポイント [ギタースケールの覚え方]

明日からスケール練習を朝練メニューに追加する事にしました。

1.ストローク練習 10分間
2.スケール練習   5分間

となります。スケール練習は今までちゃんとやったことがなかったので、先生にポイントを聞いてみました。

・まずはテンポ=100をスタートラインにして、120でもできるようにしていく。
・メトロノームのクリックに合わせて4分音符で足を踏むことでリズムをとる。
・3連符でスケールを弾く。
・メジャーとマイナーを交互にやる。

まずはペンタトニックスケールから始めたいと思います。今練習している課題曲のキーに合わせてB♭のスケールをしばらく続けたいと思います。

ジャズギター教則本へ>>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
ギタースケールの覚え方 ブログトップ