So-net無料ブログ作成

ミクソリディアンスケール [ジャズギター練習方法]

ペンタトニックスケールだけでアドリブを決めようとすると、どうもロックっぽくなる傾向があります・・・そこで今回はクールな雰囲気が出る「ミクソリディアンスケール」を教えてもらいました。

ミクソリディアンは○7のコードで使用できるスケールです。ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭・ドという音階でメジャースケールの7番目の音を半音下げています。なので例えばCのコードの場合、Cm7やC△7では使えず、C7のみで使えます。また完全にコードに一致したスケールなので、曲の中でコードが変わるとスケールポジションも変わります。

チッキンはB♭7、E♭7、D7、G7、C7というコード進行なので、どのコードでもミクソリディアンを使うことができます。ただ全てのソロに使ってしまうとくどくなるので、ペンタトニック8割・ミクソリデイアン2割、というようにお互いのスケールをバランスよく使うほうがいいそうです。
scale001.jpg

ジャズギター教則本へ>>


nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。