So-net無料ブログ作成

足で踏むリズムトレーニングその1 [ギターリズムの取り方]

レッスンで先生から「左足でリズムをとるのが大事」という話がありましたが、具体的な練習方法を聞いてきました。

(1)4分音符で4拍とも踏む練習
まずは基本的なリズムをとる練習です。これがきっちりできることが基礎となります。メトロノームのクリック音に合わせて「タン・タン・タン・タン」と足を踏みながらギターを弾く練習をします。フレーズはなんでもよくて、例えば「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のリフを延々やる、とかでもいいそうです。

(2)4分音符で2、4拍だけ踏む練習
(1)ができるようになってから、この練習に移ります。「ウン・タン・ウン・タン」というように1、3拍は足を踏まず休符の感覚を鍛えます。これがけっこう難しくて、試しにやってみると、足につられて右手のストロークがバラバラになってしまいます・・・

(3)8分音符でウラ拍だけ踏む練習
ウラ拍を踏む練習で、はっきり言ってメチャクチャ難しいです。まずは(1)と(2)がしっかりできるようになってからでないと厳しいと思います。「ンタ・ンタ・ンタ・ンタ」のタのところだけ踏みます。

左足の踏み方としては、かかとは床につけたまま、つま先からかかとの部分を使うのが基本です。最初のうちは足首が疲れるので、ずっと続けるのは辛いと思います。つま先をつけたままかかとで踏む方が楽なのですが、これだとギターに振動が伝わってしまうので、演奏に差し支えてしまいます。

明日はウラ拍でリズムをとることについて書いてみたいと思います。

ジャズギター教則本へ>>

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。